動特性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

音圧信号や加速度信号の処理における動特性とは、マイクロホンや振動センサーの出力信号を連続的逐次的に実効値化した信号に対して施す、時定数で代表される1次遅れ特性のことである。 これらの時定数は、人間の感覚特性をも考慮して設定されていることがあるが、各分野において幾つかの代表的な値が定められ、使用されている。同一のセンサー信号に対して時定数を変更することによって一般に、レベル値は異なったものとなる。

定義[編集]

音圧レベルの動特性には次のような規格がある。

  • Slow特性: 時間重み特性Sとも呼ぶ。時定数 1秒
  • Fast特性: 時間重み特性Fとも呼ぶ。時定数 0.125秒

JIS C 1509-1:2005などで規格化されている。

振動レベルの動特性には次のような規格がある。

  • 時定数 0.63秒

JIS C 1510-1:1995などで規格化されている。