剣の刃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

剣の刃』(つるぎのやいば、Le Fil de l'Epee)は、1932年フランス将校軍人だったシャルル・ド・ゴールによる軍事理論書。ただし、具体的な理論が述べられているのではなく、彼が理想とする軍人像、および軍隊国家との関わりなどが抽象的に論じられている。

本書の刊行から第二次世界大戦が勃発するまでの8年間に、ド・ゴールは『職業的軍隊をめざして』(Vers l’Armée de Métier, 1934年)および『フランスとその軍隊』(La France et son Armée, 1938年)を刊行した。

邦訳[編集]

  • 『ド・ゴール 剣の刃』(小野繁訳、葦書房、1984年、新版1993年/文藝春秋〈文春学藝ライブラリー〉、2015年)
  • 『ド・ゴール 職業軍の建設を!』(小野繁訳、不知火書房、1997年) 

関連項目[編集]