八字法訣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

八字法訣(はちじほうけつ)は、中国武術の伝統拳である太極拳としての楊式太極拳楊班侯(永年楊氏二世)の作と伝わる理論書の九種の中のひとつ。楊班侯から牛連元。牛連元から呉孟侠に伝わる。八字法訣は、十三字行功訣の追加説明といわれる。

八字法訣   楊班侯 伝

三換二捋一擠按、搭手遇掤莫譲先。 柔裏有剛攻不破、剛中無柔不為堅。 避人攻守要採挒、力在驚弾走螺旋。 逞勢進取貼身肘、肩胯膝打靠為先。