全国消費生活情報ネットワークシステム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

全国消費生活情報ネットワークシステム(ぜんこくしょうひせいかつじょうほうねっとわーくしすてむ,Practical living Information Online network system)とは、独立行政法人国民生活センターが運営する情報ネットワーク。略称PIO-NET(パイオネット)

概要[編集]

PIO-NETは、国民生活センターと全国の消費生活センターを結び、消費者からの相談を円滑に行うと同時に、情報を蓄積し、その予防等に務めるために設置された。「消費生活相談データベース」として公開されている。[1]。1984年(昭和59年)から2016年(平成28年)5月末までの情報累積件数は約1,992万件となっている[2]。新手の詐欺手法や特に被害報告が多い詐欺手法は、国民生活センター上で公開され、関連各省や警察などにも情報共有し、新たな被害者の発生予防に務める。マスコミを通して注意喚起が行われることも度々ある。

利用方法[編集]

消費生活相談データベースにアクセスし、先方の操作ガイドに従って操作することで閲覧できる。

出典[編集]

[ヘルプ]

関連リンク[編集]

外部リンク[編集]