元利均等返済

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

元利均等返済(がんりきんとうへんさい)とは、金と息の合計額が返済期間内で均等となる返済方式である。元利均等方式、元利均等返済方式とも呼ばれる。住宅ローンや有利子の奨学金などに用いられる。

特徴[編集]

元利均等返済における毎回の返済額は以下の式で表せる。

このとき、Sは元本の借入額、rは金利(実質年率)を100で割った値(月賦の場合はさらに12で割った値)、nは支払回数である。

返済額が一定であるため返済計画が立てやすく当初の返済額を抑えられるが、返済当初は利息の割合が高く返済総額は元金均等返済より多くなる。

返済方式の違いの例
  借入 金利 返済年数 初回の
返済額
120回目の
返済額
240回目の
返済額
返済総額 利息総額
元利均等返済 20,000,000円 年2.5%
(固定)
20年
(240回)
105,981円 25,435,339円 5,435,339円
元金均等返済 125,000円 104,340円 83,507円 25,020,833円 5,020,833円

※1円未満の端数は四捨五入としている。

関連項目[編集]