儀武息一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

儀武 息一(ぎぶ そくいち、1941年 - 2012年)は、沖縄県島尻郡知念村出身の沖縄の空手家であり、沖縄空手道小林流武徳館・総本部の会長である。範士十段。

来歴[編集]

幼少の頃より空手に親しみ、1956年に剛柔流古武道を学ぶ。 1960年知花朝信の弟子である仲里周五郎より空手の手ほどきを受ける。 1971年に六段を仲里より授与。 1975年には仲里の沖縄空手道小林流小林館協会の副会長に就任。 1980年に七段教士を授与され、小林流小林館浦添道場を開設。 1989年に八段免状を授与。

1993年に沖縄空手道小林流小林館協会を脱会し、沖縄空手道小林流武徳館を設立し、会長に就任する。 同年に九段免状を国際武道空手連盟より授与される。 2006年日本空手道道場会より十段位を授与される。 2007年に沖縄空手古武道連盟より十段位を授与される。

アメリカのバージニア州に支部道場があり、毎年セミナーを行い指導をしていた。

参考文献[編集]

  • 平成5年度版『沖縄空手人名鑑』(沖縄県空手道連合会、1993年12月1日)

関連項目[編集]