佐々木晨二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

佐々木 晨二(ささき しんじ、1947年8月4日 - )は、日本実業家J-オイルミルズ代表取締役社長や、日本植物油協会会長、日本油脂検査協会評議員会議長を務めた。

人物・経歴[編集]

宮城県出身。1971年東北大学法学部卒業後、味の素入社。1999年取締役人事部長に昇格。2001年から、江頭邦雄味の素代表取締役社長のもと、味の素の油事業の統合がなされた[1]新生味の素製油代表取締役社長を務め、ホーネンコーポレーションとの経営統合にあたり、2002年に持株会社として設立された豊年味の素製油(現在のJ-オイルミルズ)の代表取締役副社長に就任した。2005年からJ-オイルミルズ代表取締役社長を務め[2]日本植物油協会会長[3]日本油脂検査協会評議員会議長なども兼務した[4]。2010年J-オイルミルズ相談役[5]

脚注[編集]

[脚注の使い方]


先代
嶋雅二
J-オイルミルズ社長
2005年 - 2010年
次代
楳田純和
先代
秋谷浄恵
日本植物油協会会長
第37代:2006年 - 2008年
次代
大込一男