企業対従業員間取引

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

企業対従業員間取引 (: business-to-employee, B2E) 電子商取引は、企業が製品やサービスを従業員に提供できるようにする企業内ネットワークを使用する。通常、企業はB2Eネットワークを使用して、従業員関連のプロセスを自動化している。 B2Eポータルは、それらを使用する人々にとって魅力的である必要がある。企業は、eBay、yahoo、その他の何千ものウェブサイトと、従業員からのトラフィックを取り合う。消費者向けWebサイトへのトラフィックの大部分は、オフィスでネットに接続している人々から来ている[1]

B2Eアプリケーションの例は次のとおりである。

  • オンライン保険契約管理
  • 企業発表
  • オンラインサプライリクエスト
  • 従業員向け特別オファー
  • 従業員福利厚生レポート
  • 個人年金管理

脚注[編集]

  1. ^ Rainer, R.Kelly; Cegielski, Casey G (2013). Introduction to INFORMATION SYSTEMS (4th ed.). Singapore: John Wiley &Sons. p. 187. ISBN 978-1-118-09230-9 

関連項目[編集]