井上博貴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

井上 博貴(いのうえ ひろき、1971年- )は、日本映画監督脚本家演出家である。福岡県出身。

経歴[編集]

早稲田大学社会科学部卒。卒業後、フリーの助監督、制作として映画、TVドラマ、CMなどに携わる。96年には石井プロダクションに参加し、石井輝男に師事する[1]

主な作品[編集]

  • ねじ式(1998年) - 製作
  • パニック4ROOMS(2009年) - 監督、脚本
  • どんぐり兄弟の梅干(2009年) - 監督、脚本
  • Oh!マイブラザー 誰の心に届く…(2011年) - 編集
  • 777号に乗って(2012年) - 監督、脚本
    • 福岡インディペンデント映画祭 優秀賞&子役賞
    • 映文連アワード2012 パーソナルコミュニケーション部門 優秀賞
    • メイドイン釜山独立映画祭2012 招待作品
    • 第4回伊勢崎映画祭 グランプリ
    • 第5回武蔵野映画祭 グランプリ
    • 第16回月イチ映画祭 グランプリ
  • のぶ子の日記(2013年) - 監督、脚本
    • 福岡インディペンデント映画祭 グランプリ
    • 東広島映画祭ショートフィルムコンペティション 最優秀作品賞
    • 西東京市民映画祭 最優秀作品賞&西東京市長賞&奨励賞
    • メイドイン釜山独立映画祭2013 招待作品
    • 第9回東葛映画祭2013 審査員特別賞
  • 恋する河童(2014年) - 監督、脚本
    • 松本商店街映画祭 準グランプリ
    • 那須国際ショートフィルムフェスティバル 那須FC特別賞
    • 福岡インディペンデント映画祭 企画賞
    • メイドイン釜山独立映画祭2015 招待作品
    • 映文連アワード2015 パーソナルコミュニケーション部門  優秀賞
    • 第3回映画少年短編映画祭 グランプリ
  • 夕暮れの催眠教室(2015年) - 監督、脚本
    • ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2016 ジャパン部門ノミネート
    • Skipシティ国際Dシネマ映画祭 短編部門 奨励賞
    • 札幌国際短編映画祭 オフィシャルセレクション オフシアター部門上映
  • 宝池に寄り道を(2017年) - 監督、脚本
    • ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2017 キテミル川越ショートフィルム大賞 グランプリ[2]
  • 40万分の1(2018年) - 監督、脚本
  • その瞬間、僕は泣きたくなった-CINEMA FIGHTERS project-「魔女に焦がれて」(2019年)
  • LOVE STAGE!!(2020年) - 監督

脚注[編集]