井上信也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

井上 信也(いのうえ しんや、1921年 - )は、生物学者顕微鏡学者。米国籍。

医学生物学における偏光顕微鏡ビデオ顕微鏡の開祖とされる。彼の著書「Video Microscopy」は、顕微鏡学者必携の名著である。彼以前には存在を疑問視すらされた紡錘体を直接観察することにより、その存在を最終的に証明し、長年にわたる論争に終止符を打った。また、レクチファイ偏光光学系など、偏光顕微鏡をはじめ各種の顕微鏡の革命的な技術を発明・開発してきた。

略歴[編集]

受賞歴[編集]

紡錘体の研究[編集]

井上の研究以前は、紡錘体の存在は唱えられていたものの、標本固定によるアーチファクト(人工産物)ではないかという批判の声が大きかった。井上は、生物学では不可能と言われていた微弱複屈折(birefringence)の観察を実現する事により、紡錘体を直接に可視化することで、紡錘体の存在を証明し、紡錘体の形成・制御、細胞分裂時の染色体分離のメカニズムの解明に飛躍的な貢献をした。

また、定量的観察から、紡錘体の動的平衡という、今日の微小管形成に関する理解の重要な立脚点を提唱した。

エピソード[編集]

  • 生物学者・海洋生物研究者である團勝磨(だん かつま)に師事した。
  • 息子のシオドア(テッド)・イノウエ(Theodore (Ted) Inoue)は、井上と共同で画像解析の伝説的ソフトである“Metamorph”を開発した(当時の名称は"Image-1")。
  • 戦後の物資欠乏の中、マシンガン大砲の砲身や茶筒の空き缶を利用して顕微鏡を自作した。
  • 彼の製作する偏光顕微鏡を、敬意を込めて「シンヤ・スコープ」と称することがある。光学的超分解能までチューンアップされたシンヤ・スコープは、通常の光学的顕微鏡では観察できないものまで観察でき、ストラディバリヴァイオリンにも喩えられる事がある。ヴァイオリンの調律師同様、専門の技術者による高度な調整を要する。
  • ウッズホール海洋生物学研究所の夏季顕微鏡講習会を創設した。
  • 末妹はピアニストの井上二葉