五族協和 (満州国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
満州国国旗。左上隅に五族を表す横縞模様がある。

五族協和(ごぞくきょうわ、英語: Five Races Under One Union)とは、満州国の民族政策の標語で「(日)・(支)」の五民族が協調して暮らせる国を目指した。清朝の後期から中華民国の初期にかけて使われた民族政策のスローガン「五族」に倣ったものであるが、こちらの「五族」は「満・蒙・・漢」を指しており構成が異なる [1]

なお、五族協和の標語は、満州国の国旗にも黄色の地(満州族)に、左上に4つの彩色横横縞が(日本人)、(漢族)、(モンゴル族)、(朝鮮人)で描かれた[要出典]と言われることが多いが、国旗と五族協和は無関係である。これは、赤(南方)、青(東方)、白(西方)、黒(北方)、黄(中央)を示したもので、中央が四方を統一する意味をあらわしたものとなる[2]

脚注[編集]

  1. ^ 五族協和(コトバンク)
  2. ^ 塚瀬進『満州国』吉川弘文館

関連項目[編集]