五人委員会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

五人委員会(ごにんいいんかい、Council)は、アメリカ施政権下小笠原諸島(1968年の人口:174人)に置かれた自治組織のことである。その名の通り、居住が許された欧米系島民から選出された5人の委員から構成されている。会議は英語で行われていた。復帰後は、新たに設置された小笠原村村政審議会に引き継がれた。

職務・権限[編集]

  • 小笠原諸島に関する布令と称する一種の条例を制定。
  • 100ドル以下の民事裁判及び軽犯罪を扱う小笠原裁判所(Bonin Islands Court)の裁判官の選出。

関連項目[編集]