二階借り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

二階借り』は、落語の演目。艶笑物。『茶漬間男』という題も使われ桂米朝のものが有名。東京では6代目三遊亭圓生が『二階の間男』、5代目春風亭柳昇が『お茶漬け』の題で演じた音源が残されている。

あらすじ[編集]

ある不倫中の男女。女は夫の友人と男女の関係になった。金のない男は女を外に連れ出す手間を嫌がり、夫が在宅中の家の2階で情事に及ぼうと思いつく。男は友人である夫に、相手が彼の妻だとは教えずに、とある人妻だということにして2階を借りる許可を得た上で女(=妻)の顔が判らないように明かりを消して二階に上がる。その折、夫は茶漬けを食うことに夢中で、2階で男に抱かれているのが自分の妻だということに気づかない。

ことが終わり、2人は再び明かりを消して出て行く。妻は何食わぬ顔で帰宅する。夫は、「今日、友人に2階を貸したよ。相手は人妻だってさ。まったく、その女の旦那はどんな男で、何してるんだろう」と、茶漬けを食いながら、妻に語る。妻は、「今頃その旦那は、お茶漬でも食べてるんじゃない?」と答える。

関連項目[編集]