乗性寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
乗性寺

Josho-ji temple, Gujo, 2017.jpg

所在地 岐阜県郡上市美並町白山697-3
位置 北緯35度39分28.1秒
東経136度57分34.5秒
座標: 北緯35度39分28.1秒 東経136度57分34.5秒
山号 戸谷山
宗派 浄土真宗大谷派
本尊 阿弥陀如来
創建年 正嘉元年(1257年)
開基 東胤行
テンプレートを表示

乗性寺(じょうしょうじ)は岐阜県郡上市美並町にある浄土真宗大谷派の寺院で、山号は戸谷山。郡上領主東氏ゆかりの寺院で、浄土真宗寺院としては郡上市(郡上郡)最古である。郡上藩主遠藤氏の菩提寺。

正嘉元年(1257年)、郡上郡山田庄の地頭、東胤行が出家して素暹を名乗り戸谷道場として開いた。その後東氏及びその支流である遠藤氏の菩提寺として保護された。寛永8年(1631年)、郡上藩初代藩主遠藤慶隆の戒名に因み、寺名を乗性寺とする。戦国時代の郡上領主東常縁の墓とされるものがある他、郡上八幡城初代城主遠藤盛数の墓及び郡上藩初代藩主遠藤慶隆から四代遠藤常春にいたる藩主の墓及びその肖像画、系図などを有している。

参考文献[編集]

  • 郡上郡教育會 『郡上郡史』 p708 1922年
  • 美並町 『美並町史 通史編 上』p562、563 1982年