中野春郊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中野 春郊(なかの しゅんこう、生没年不詳)とは明治時代口絵画家

来歴[編集]

山元春挙の門人。本名は中野弘毅。江州の人。明治26年(1893年)から明治36年(1903年)にかけて、江見水蔭幸田露伴末広鉄腸村上浪六福地桜痴など重要な作家の木版口絵を手がけているが、詳しい経歴は未詳である。

作品[編集]

  • 「流逆浪」 如燕作 日吉堂版 明治26年
  • 「桃川十八講談」二枚 燕林作 文事堂版 明治26年
  • 「朝嵐」 江見水蔭作 嵩山堂版 明治28年
  • 「女の顔切」 江見水蔭、関戸浩園作 嵩山堂版 明治28年
  • 「風流微塵蔵ささ舟」 幸田露伴作 嵩山堂版 明治28年
  • 「風流微塵蔵きくの浜松」 幸田露伴作 嵩山堂版 明治28年
  • 「風流微塵蔵ひとり寝」 幸田露伴作 嵩山堂版 明治28年
  • 「戦後の日本」前 末広鉄腸作 嵩山堂版 明治28年
  • 「草枕」前後 村上浪六作 嵩山堂版 明治28年
  • 「海賊」 村上浪六作 嵩山堂版 明治28年
  • 「後の海賊」 村上浪六作 嵩山堂版 明治28年
  • 「魚屋助左衛門」 村上浪六作 嵩山堂版 明治28年
  • 「古賀市」 村上浪六作 嵩山堂版 明治28年
  • 「花車」 村上浪六作 嵩山堂版 明治29年
  • 「涙の種」 旭南作 一二三館版 明治29年
  • 「遠山霞」 江見水蔭作 嵩山堂版 明治29年
  • 「葵御紋」 福地桜痴作 一二三館版 明治29年
  • 「ふところ鏡」 山岸荷葉金港堂版 明治36年

参考文献[編集]

  • 山田奈々子 『木版口絵総覧』 文生書院、2005年