中根英朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

中根 英朗(なかね ひでろう、1923年大正12年)9月19日 - 1982年(昭和57年)2月25日)は、日本の実業家

概要[編集]

大衆保険市場のパイオニアとして長い歴史をもつ、安田財閥系の日動火災海上保険の社長に就任後、代理店連合会の発足、自動車保険損害調査を中心とするオンラインシステムの完成など、募集網強化と契約者サービス向上を推進。同社史上画期的と言われた首都圏営業体制の強化及び、全国拠点網の整備など、同社発展の礎をつくった。また、業容拡大と共に、資本金を86億円から120億円に増資し、業界上位企業としての地位を揺るぎないものにした。

社外に於いては、損保事業研究所幹事や、日本損害保険協会理事などを歴任し、業界の発展に尽力した。

略歴[編集]

参考文献[編集]

  • 『日本の経営者: 1部上場全企業・社長の経営戦略と人物像』(時評社 1980)
  • 『インシュアランス』(3月号第1集(3021) 保険研究所)