中村知大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中村 知大(なかむら ともひろ)は、日本空道家。長崎県出身。国際空道連盟大道塾総本部所属。身長168cm、体重62kg。高校時代まで長崎県にて柔道を、大学時代は大道塾早稲田大学準支部にて、OBにあたる朝岡秀樹、当時4年生の笹沢一有勝直光に指導を受ける。2009年、無名の茶帯でありながら第三回空道世界大会の補欠選手となるも選考試合にて代表を勝ち取る。世界大会に出場するや各国の強豪を制して決勝まで進み、第二回世界大会王者コリャン・エドガーと対戦するも敗退。

その後早稲田大学を卒業。大企業に就職をするも空道世界王者となるために 退職して総本部職員(内弟子)として空道漬けの日々を過ごし、2014年第四回空道世界大会にて世界王者に輝いた。

来歴[編集]

  • 2009年 空道第3回世界大会準優勝
  • 2013年 北斗旗 全日本空道無差別選手権 準優勝
  • 2014年 空道第4回世界大会優勝

関連項目[編集]

外部リンク[編集]