世界知的所有権の日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

世界知的所有権の日(せかいちてきしょゆうけんのひ World Intellectual Property Day)は、知的財産が日常生活で果たす役割についての理解を深め、発明者芸術家の社会の発展への貢献を記念するために、世界知的所有権機関 (WIPO) が2000年に制定した記念日。4月26日

「世界知的所有権機関を設立する条約」が1970年の4月26日に発効したことに由来する。

この日には、世界知的所有権機関及び世界各国で種々の記念行事が開催される。特に、中国では大々的なキャンペーン等が行われ、知的財産を保護する姿勢を内外にアピールしている。一方、日本では、4月18日の「発明の日」が定着していることもあり、約一週間しか離れていない4月26日の「世界知的所有権の日」を記念する行事は盛んではない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]