世界知的財産の日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
世界知的所有権の日から転送)
世界知的財産の日

正式名称 World Intellectual Property Day
別名 World IP Day
種類 国連の日
日付 4月26日
行事 記念イベント、展示会、動画コンテスト、ウェビナー
関連祝日 世界図書・著作権デー発明の日弁理士の日
テンプレートを表示

世界知的財産の日(せかいちてきざいさんのひ World Intellectual Property Day)は、知的財産が日常生活で果たす役割についての理解を深め、発明者芸術家の社会の発展への貢献を記念するために、世界知的所有権機関 (WIPO) が2000年に制定した記念日4月26日。この日には、世界知的所有権機関及び世界各国で種々の記念行事が開催される。なおWorld Intellectual Property Dayの日本語名は、2022年より「世界知的所有権の日」から「世界知的財産の日」に変更されている[1]

WIPO加盟国・地域による世界知的所有権の日への参加は、2000年の開始以来増加している。初年には59の加盟国・地域が[2]、5年後の2005年には110の加盟国・地域が、世界知的所有権の日の公式行事を報告した[3]。そして2022年には、189の加盟国・地域が公式記念イベントに参加した[4]

沿革[編集]

1970年

  • 4月 世界知的所有権機関(WIPO)発足

1988年9月

  • 第33回WIPO加盟国総会での声明において、アルジェリア国立工業所有権機関(INAPI)事務局長が世界知的所有権の日の制定を提案した[5]

1999年4月7日

  • WIPO事務局長宛ての書簡において、アモール・ブーニクINAPI事務局長は、このような日を制定する目的は、流動性や認識を拡大するための枠組みを設けること、イノベーションの促進という面へのアクセスを開放すること、世界中の知的財産を推進する人々の功績を称えること、にあると指摘した[6]

1999年8月9日

  • Jiang Ying 中華人民共和国国家知識産権局長官からの書簡において、中国代表団が、WIPOが設立30周年記念日(4月26日)を「世界知的所有権の日」の記念行事として採択することを提案した。
  • Jiang Ying長官は、その目的について、知的財産保護の認識をさらに促進すること、知的財産保護の影響力を全世界に拡大すること、各国に知的財産保護に関する法及び規制の周知と普及を促すこと、知的財産権に対する国民の法的認識を高めること、各国の発明・イノベーション活動を奨励すること、知的財産分野における国際連携を強化すること、にあると指摘した[7]

2000年

  • 9月末から10月にかけて行われた第26回WIPO加盟国総会において、4月26日を「世界知的所有権の日」とすることが承認された[8]

2022年

  • World Intellectual Property Dayの日本語名が「世界知的所有権の日」から「世界知的財産の日」に変更となった。

歴代テーマ[編集]

毎年、イベントに関連したメッセージやテーマが掲げられている:

  • 2024年:知財とSDGs―イノベーションと創造力で築く地球の未来[9]
  • 2023年:女性と知財―イノベーションと創造性を加速する力[10]
  • 2022年:IP and Youth―より良い未来のためのイノベーション[11]
  • 2021年:知的財産(IP)と中小企業―あなたのアイデアで新しい事業を[12]
  • 2020年:環境に優しい未来のために革新する[13]
  • 2019年:金を目指して―知的財産とスポーツ[14]
  • 2018年:変革の推進―イノベーションと創造において活躍する女性[15]
  • 2017年:生活を改善するイノベーション
  • 2016年:Digital Creativity: Culture Reimagined(原文)
  • 2015年:起きろ、立ち上がれ。音楽のために。[16]
  • 2014年:映画―グローバル・パッション(仮訳)
  • 2013年:Creativity – The Next Generation
  • 2012年:Visionary Innovators
  • 2011年:Designing the Future
  • 2010年:Innovation – Linking the World
  • 2009年:Green Innovation
  • 2008年:Celebrating innovation and promoting respect for intellectual property
  • 2007年:Encouraging Creativity
  • 2006年:It Starts with an Idea
  • 2005年:Think, Imagine, Create
  • 2004年:Encouraging Creativity
  • 2003年:Make Intellectual Property Your Business
  • 2002年:Encouraging Creativity
  • 2001年(第1回):未来は今日創造する[17]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「世界知的財産の日」”. 世界知的所有権機関(WIPO). 2024年3月19日閲覧。
  2. ^ Program Performance Report for the 2000-2001 Biennium”. A/37/3. www.wipo.int (2002年7月24日). 2024年4月5日閲覧。
  3. ^ Program Performance Report for the 2004-2005 Biennium”. A/42/2. www.wipo.int (2006年7月31日). 2024年4月5日閲覧。
  4. ^ Report of the Director General to the Assemblies of WIPO – July 14 to 22, 2022”. www.wipo.int. 2024年4月5日閲覧。
  5. ^ ASSEMBLIES OF THE MEMBER STATES OF WIPO”. 2024年4月5日閲覧。
  6. ^ WIPO General Assembly, Twenty-Fourth (14th Ordinary) Session, Geneva, 20 to 29 September 1999, Institutionalization of an International Day for Intellectual Property. Proposal by the People's Democratic Republic of Algeria”. WO/GA/24/7 (1999年8月10日). 2024年4月5日閲覧。
  7. ^ WIPO General Assembly, Twenty-Fourth (14th Ordinary) Session, Geneva, 20 to 29 September 1999, Institutionalization of a World Intellectual Property Day. Proposal by the People's Republic of China” (1999年8月20日). 2024年4月5日閲覧。
  8. ^ WIPO General Assembly, Twenty-Sixth (12th Extraordinary) Session, Geneva, 25 September to 3 October 2000, Memorandum of the Director General”. WO/GA/26/2. 世界知的所有権機関(WIPO) (2000年7月26日). 2024年4月5日閲覧。
  9. ^ 世界知的財産の日 2024年4月26日 知財とSDGs―イノベーションと創造力で築く地球の未来”. 2024年4月4日閲覧。
  10. ^ 世界知的財産の日 – 2023年4月26日 女性と知財―イノベーションと創造性を加速する力”. 2024年4月4日閲覧。
  11. ^ 世界知的財産の日 – 2022年4月26日 IP and Youth: より良い未来のためのイノベーション”. 2024年4月4日閲覧。
  12. ^ 世界知的所有権の日 – 2021年4月26日 知的財産(IP)と中小企業:あなたのアイデアで新しい事業を”. 2024年4月4日閲覧。
  13. ^ 世界知的財産の日アーカイブ”. 2024年4月4日閲覧。
  14. ^ 金を目指して―知的財産とスポーツ イベントページ”. 2024年4月8日閲覧。
  15. ^ 2018年World IP Dayに寄せて”. 特許庁. 2024年4月8日閲覧。
  16. ^ ユニークな日本の音楽産業”. 2024年4月8日閲覧。
  17. ^ 第1回世界知的所有権の日”. 特許庁. 2024年4月8日閲覧。