三遊亭遊三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

三遊亭 遊三(さんゆうてい ゆうざ)は、落語名跡。当代は三代目。回文を取り入れた名前で初代が歌舞伎助高屋高助を参考にした。


三代目 三遊亭さんゆうてい 遊三ゆうざ
三代目 三遊亭(さんゆうてい) 遊三(ゆうざ)
本名 松嶋まつしま あきら
生年月日 (1938-02-28) 1938年2月28日(84歳)
出身地 日本の旗 日本東京市浅草区
師匠 四代目三遊亭圓馬
弟子 三遊亭小遊三
三遊亭遊吉
三代目三遊亭とん馬
三遊亭遊子
名跡 1. 二代目三遊亭とん馬
(1955年 - 1964年)
2. 三代目三遊亭遊三
(1964年 - )
出囃子 お江戸日本橋
活動期間 1955年 -
所属 日本芸術協会
落語芸術協会
大有企画(マネジメント)
受賞歴
芸術祭奨励賞(1958年)
芸術祭優秀賞(1984年)
備考
落語芸術協会理事
(1981年 - 2019年)
落語芸術協会相談役
(2019年 - )

三代目 三遊亭 遊三(さんゆうてい ゆうざ、1938年2月28日 - )は、東京市浅草区(現・東京都台東区鳥越出身の落語家出囃子は『お江戸日本橋』。落語芸術協会所属で、相談役[1]。本名∶松嶋 明

経歴[編集]

東京都立日比谷高等学校中退[2]

1955年1月、四代目三遊亭圓馬に入門し「三遊亭とん馬」を名乗る。

1958年9月、三笑亭可勇と共に二ツ目昇進。

1964年5月、真打昇進し「三代目三遊亭遊三」を襲名。入門して僅か9年目にして真打になったという当時としては異例のスピード出世だった。

人物[編集]

替り目』や『親子酒』で見事な酔っ払いを演じるが、私生活では酒をまったく飲めないという。

麻雀の強さに定評がある。

活動[編集]

「飲む・打つ・買う」の三道楽に掛けた「里賽樽(リサイタル)」という名前の独演会を現在も続けている。

池袋演芸場の初席第一部の主任を務めている。

芸歴[編集]

得意ネタ[編集]

人情噺が多い。

受賞[編集]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

弟子[編集]

真打[編集]

二ツ目[編集]

色物[編集]

客分[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 落語芸術協会 新会長に春風亭昇太 副会長は春風亭柳橋 令和で若返り”. www.sponichi.co.jp. 2019年6月28日閲覧。
  2. ^ を務める『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.545
  3. ^ 令和元年度文化庁長官表彰名簿

外部リンク[編集]