三師

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

三師(さんし)は、太師太傅太保の呼称。古くは三公と呼ばれたが、北魏から三師と呼ばれた。

代に初めて設置され、周以後の宰相に相当する絶大な権力を持っていた。皇帝が幼少であるなど、執政をすることができない時、政務を担当した。時代を経るにしたがい、実務のない名誉職となった。九品中正法以後、三師は正一品相当官と規定された。

現代の日本では、医師歯科医師薬剤師を総称して「三師」という。

関連項目[編集]