ヴィラ・エペクエン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ビジャ・エペクエン

Villa Epecuén
2009年の写真
2009年の写真
ビジャ・エペクエンの位置(アルゼンチン内)
ビジャ・エペクエン
ビジャ・エペクエン
アルゼンチンにおける位置
南緯37度7分51秒 西経62度48分27秒 / 南緯37.13083度 西経62.80750度 / -37.13083; -62.80750座標: 南緯37度7分51秒 西経62度48分27秒 / 南緯37.13083度 西経62.80750度 / -37.13083; -62.80750
アルゼンチンの旗 アルゼンチン
ブエノスアイレス州
パルティード Adolfo Alsina
設立 1920年

ビジャ・エペクエンVilla Epecuén)は、アルゼンチンブエノスアイレス州にある廃墟の村。エペクエン湖畔の観光地として繁栄したが、1985年に水没して放棄された。

地理[編集]

ビジャ・エペクエンは、ブエノスアイレスの南西600kmに位置する塩湖、エペクエン湖スペイン語版のほとりに位置する[1]カルウエ英語版市からは北へ約7km、エペクエン湖の東岸に廃墟の町が広がっている。

歴史[編集]

リゾート地としての繁栄[編集]

ビジャ・エペクエンは、1920年代初めに開発された観光の町である[2]。エペクエン湖の塩水には治癒の効果があると考えられており、塩水浴リゾート地として観光客をひきつけたのである[3]

まもなく、ブエノスアイレスとの間は鉄道で結ばれるようになった[3]。サルミエント鉄道 (Sarmiento Railway) がラーゴ・エペクエン駅 (es:Estación Lago Epecuénに、またミッドランド鉄道 (es:Ferrocarril Midland de Buenos Airesとスド鉄道 (es:Ferrocarril del Sudは付近のカルウエ駅 (es:Estación Carhuéに旅客を運んでいた。

町の繁栄の頂点は1970年代であった[1]。1950年代から1970年代まで、11月から3月にかけての時期には2万5000人の観光客が訪れ、ロッジやゲストハウス、ホテル、商店など280にのぼる企業があった。1985年の水没時、ヴィラ・エペクエンの人口は約1,500人で[2]、5,000人以上の旅行者を受け入れる能力があった[2]

水没とその後[編集]

気候変動によって、この地域には大量の雨が降るようになった[1][3]。1985年11月10日、湖水は町を守る堤防を越え、町は水没した[1]。居住することはできなくなり、その後再建されることもなかった。

その後も水位は徐々に上昇し、最も深い時期(1993年)には、町は10メートルの水底に沈んでいた[1]

その後の気候の変化によって水位は低下し、2009年には水没していた町が再び現れるようになった[1]

この町には今日(2011年現在)、ただ1人の住民であるパブロ・ノヴァク(Pablo Novak、1930年生まれ)が暮らしている。ノヴァクは、町を25年間覆っていた水が引いた2009年に自宅に戻った[1]

映像作品において[編集]

2013年に制作されたドキュメンタリー Pablo's Villa は、町とパブロ・ノヴァクの生活を記録している[[4][5]

またこの町は2014年5月にリリースされた、トライアル・サイクリストダニー・マッカスキル英語版を特集した映像作品 Epecuén (レッドブル・メディアハウス)によっても紹介された[6]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g “The Ruins of Villa Epecuen”. Atlantic. (2011年6月). https://www.theatlantic.com/infocus/2011/07/the-ruins-of-villa-epecuen/100110/ 
  2. ^ a b c Giambartolomei, Mauricio (2013年3月22日). “Fotoreportaje: el cementerio olvidado del lago Epecuén”. La Nacion. http://www.lanacion.com.ar/1550076-fotoreportaje-el-cementerio-olvidado-del-lago-epecuen 2013年3月23日閲覧。 
  3. ^ a b c Lauren Davis (2012年12月23日). “This Argentinian tourist village sat underwater for 25 years”. io9. 2017年10月19日閲覧。
  4. ^ Sydney Film Festival - Filmmaker Q&A: Matthew Salleh, Pablo's Villa”. Sff.org.au. 2014年7月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月11日閲覧。
  5. ^ Urtext Films (2014年3月10日). “Pablo's Villa on Vimeo”. Vimeo.com. 2014年4月5日閲覧。
  6. ^ Red Bull Media House (2014年5月27日). “Danny Macaskill's Epucuén”. 2014年5月28日閲覧。

外部リンク[編集]