ワイルドキャッツ (パチスロ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ワイルドキャッツは、1991年アークテクニコが開発・販売したパチスロ3-1号機。

概要[編集]

ゲーム内容はスタンダードなAタイプで、払い出し約360枚のビッグボーナス、約80枚のレギュラーボーナス、小役から構成されている。ボーナスゲーム中は「猫ふんじゃった」の音楽が使われている。

当時は裏モノ全盛期であり、ワイルドキャッツのほぼ全てが、「貯金方式」(4号機のストック機と同様のシステム)と言われる裏モノで、ビッグボーナスのフラグが成立しても成立ゲームで揃えない限りそれを貯留してしまい(貯留後は7が揃わない)、「放出フラグ」(この機種の解除は、BIGフラグ成立の次ゲーム以降で乱数による抽選)が成立したら一気に放出するというもの。放出モードになると、ビッグボーナス後数ゲームで連チャンして、貯留した分を出し切るまでそれが続く。

裏モノには「チェリー抜き」という攻略法があった。1枚掛けでレバーを叩き、ストップボタン点灯後にコインを2枚入れてチェリーを狙うと、ほぼ毎回チェリーが揃うというもの。

この「裏モノ」プログラムはRAMに注射される形で、メーカーも関与していると判断されたため、後にワイルドキャッツは検定取り消し処分となる。メーカーのアークテクニコには3年の販売禁止処分が下され、以後パチスロ機を発表することはなかった。

当時の連チャン性、ビッグボーナス時のファンファーレ、パネル猫のデザインなどが印象的なことから、現在でも往年の名機として評価される。長年コンチネンタルのように家庭用ゲーム機のソフトになったり、リノのように後編もの(スーパーリノなど)が出ることは無かったが、2010年サミーネットワークスのネットゲーム777town.netに導入され、またニューアークより5号機として発売される事となった。

なお、セブンボンバー(バルテック)という絵柄は違うがリール配列、確率がまったく同じ機種が存在した。

絵柄[編集]

ビッグボーナス絵柄(7)は、同じアークテクニコの2号機以前(アニマルなど)と同じデザイン。その他レギュラーボーナス絵柄として猫、15枚小役としてベル、プラム、8枚小役としてオレンジ、レモン(ピンク色)、2枚子役としてチェリーがある。

ボーナス確率[編集]

設定 BIG REG
1 1/336 1/400
2 1/303 1/350
3 1/280 1/320
4 1/250 1/320
5 1/228 1/320
6 1/228 1/228

外部リンク[編集]