ロード・レージ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ロード・レージ (Road Rage) は、運転手が車の運転中に割り込みや追い越しなどに腹を立てて、過激な報復行動を取ることである。

概要[編集]

大ヒットしたスティーヴン・スピルバーグ監督の映画『激突!』において、巧みに主題に取り込まれている。ニュースなどで「怒れる運転者」としてアメリカで流行となった問題でもある。日常において些細な事で最悪のトラブル(殺人)に発展するという状況を指し、倫理問題とも絡めて語られる事が多い。被害に比べて情報の量や質が悪いケースの典型例としても取り上げられる。

性質[編集]

人は車を運転している時は、気が大きくなる心理傾向がある。車は自分の思い通りに動く鎧のようなもので、自分が守られている空間であるからこそ気が大きくなる。したがって自分の思い通りにならない時は、些細な事でも怒りの感情が現れやすいとされている。また車のナンバーでは個人特定できない匿名性の高さから、本性が現れやすい事もある[1]。研究によると、大きくて目線の高い車、もしくは高級車に乗ると、偉くなった気分になり易く、一部には気が大きくなって攻撃的になるドライバーもいる。また多数のステッカーや装飾品でカスタムを施している車両は、特にロード・レージを引き起こしやすい傾向がある[2][3]

怒りを感じた時に起こす行動の大半は、クラクションを鳴らす、車間を詰めて煽るなどである。しかし中には一線を超えて犯罪を侵す者もいる。その行動は、相手の車を停車させ、脅迫したり車から引きずり出して暴行を加えるなどがある。

ロード・レージの主な発生要因[4]
  • 煽られる
  • 割り込まれる
  • パッシングされる
  • 急ブレーキされる
  • 自分より小さな車に抜かれる
  • 追い越し車線でゆっくり走られる
対策

ロード・レージの対策としては、ドライブレコーダーを設置して、証拠の映像を収めるのが有効である。法的に争われた時に映像や音声があれば、自分はやっていない、相手にやられたという主張が可能である。また被害に遭いそうになった時は、車間距離を置いて、進路を塞がれた時は、脇道に入ってやり過ごすのが得策である。車から引きずり出されそうな時は、ドアや窓を開けられないようロックして、その場で警察を呼ぶのがよい。

主な事件[編集]

2017年6月5日 - 神奈川県大井町の東名高速下り線で、追い越し車線に乗用車が2台並んで停車し、後ろからトラックが追突して、男女2人が死亡する事故が起きた。この事故の前には、直前のパーキングエリアで容疑者の車がPA出口を塞ぐように停車していた。それを邪魔に思っていた被害者の車が容疑者に対して口頭で注意した。それから高速へ出たところ、停車していた容疑車両が後ろから追いかけてきて、被害車両の前にでて、進路を塞ぐように蛇行運転を行った。その後、中央分離帯側の追い越し車線でブレーキをかけて、無理やり被害車両を停車させ、後ろから来たトラックに追突させて死亡事故を引き起こした。この事故によって、停車させた容疑者と、追突したトラック運転手が、自動車運転過失致死容疑で逮捕された[5]

関連項目[編集]