ロバータ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ロバータ
Roberta
監督 ウィリアム・A・サイター
脚本 ジェローム・カーン(劇化)
オットー・A・ハーバック(劇化)
ジェーン・マーフィン
サム・ミンツ
アラン・スコット
原作 アリス・デュア・ミラー
製作 パンドロ・S・バーマン
出演者 アイリーン・ダン
フレッド・アステア
ジンジャー・ロジャース
音楽 マックス・スタイナー(音楽監督)
ジェローム・カーン
撮影 エドワード・クロンジェイガー
編集 ウィリアム・ハミルトン
製作会社 RKO
配給 RKO
公開 アメリカ合衆国の旗 1935年3月8日
大日本帝国の旗 1935年8月
上映時間 106分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
フランス語
ロシア語
製作費 約610,000ドル
興行収入 1,467,000ドル(北米配収)
868,000ドル(海外配収)[1]
テンプレートを表示

ロバータ』(原題・英語: Roberta)は、1935年に製作・公開されたアメリカ合衆国の映画である。

概要[編集]

アリス・デュア・ミラーの小説を原作として1933年に初演されたジェローム・カーン作曲のミュージカル『ロバータ』の映画化であり、ウィリアム・A・サイターが監督、アイリーン・ダンフレッド・アステアジンジャー・ロジャースが主演した。アステアとロジャースの共演作としては3作目となる。

プラターズの代表曲の一つとしても名高いスタンダード・ナンバー、「煙が目にしみる」はこのミュージカルの曲である。

1952年メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)で『Lovely to Look At』として再映画化されている。(キャスリン・グレイソンハワード・キール主演)

キャスト[編集]

  • ステファニー:アイリーン・ダン
  • ハックルベリー・ヘインズ:フレッド・アステア
  • シャルウェンカ伯爵夫人/リジー:ジンジャー・ロジャース
  • ジョン・ケント:ランドルフ・スコット
  • ルシル・ボール(ノンクレジット)

スタッフ[編集]

  • 監督:ウィリアム・A・サイター
  • 製作:パンドロ・S・バーマン
  • 脚色:ジェーン・マーフィン、サム・ミンツ、アラン・スコット
  • 音楽監督:マックス・スタイナー
  • 撮影:エドワード・クロンジェイガー
  • 編集:ウィリアム・ハミルトン
  • 美術:ヴァン・ネスト・ポルグレイズ
  • 衣裳:バーナード・ニューマン

アカデミー賞ノミネーション[編集]

  • 歌曲賞:ジェローム・カーン(作曲)、ドロシー・フィールズ(作詞)、ジミー・マクヒュー(作詞)

[編集]

外部リンク[編集]