ルッジェーロ1世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ルッジェーロ1世

ルッジェーロ1世Ruggero I, 1031年 - 1101年6月22日)は、シチリア伯。タンクレード・ド・オートヴィルの子で、ロベルト・イル・グイスカルドの弟。初代シチリアルッジェーロ2世の父親。

1055年以後、南イタリアに来る。兄ロベルトに従い、南イタリア、シチリアを征服する。1061年には兄弟はメッシーナからレッジョ・ディ・カラブリアまでを征服するに到った。1072年パレルモを落とした後、ロベルトからシチリア伯に任じられる。

1085年、ロベルトの死後オートヴィル家の首領となり、シチリアの支配を固め、半ば自立する。1101年に亡くなった頃には、シチリアの大伯爵と呼ばれた。

彼の支配下にはギリシア人アラブ人も多くおり、宗教についても寛容だった。

家系[編集]

結婚は3回。最初にエヴルー伯ギヨームの娘ユーディトと結婚。二度目はモルタン伯ギヨームの娘エランブルジュと結婚した。最初の妻と第2の妻との間に、以下の3人を含む娘をもうけた[1]

最後の妻アデライード・デル・ヴァスト(マンフレーディ・デル・ヴァスト娘、エンリコ・デル・ヴァスト姉妹)との間の男子2人が、それぞれ連続してシチリア伯を継いだ。アデライードは、ルッジェーロ1世の死後にエルサレム王ボードゥアン1世と再婚した(のち離婚)。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ J.J.Norwich, Die Wikinger im Mittelmeer, F.A.Brockhaus, 1968. p.312
先代:
シチリア伯
1072年 - 1101年
次代:
シモーネ