ルジチカ大員環合成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ルジチカ大員環合成(ルジチカだいいんかんごうせい、Ruzicka large ring synthesis)あるいはルジチカ反応ルジチカ環化は、二酸化トリウムThorium dioxide)のような触媒存在下、高温でジカルボン酸から環状ケトン合成する有機反応である。1926年に本反応を開発したラヴォスラフ・ルジチカに因んで命名された[1]

The Ruzicka large ring synthesis

合成ムスコンであるエキサルトン(exaltone、シクロペンタデカノン、デスメチルムスコン)の合成に応用された。

脚注[編集]

  1. ^ L. Ruzicka, M. Stoll, H. Schinz (1926年). “Zur Kenntnis des Kohlenstoffringes II. Synthese der carbocyclischen Ketone vom Zehner- bis zum Achtzehnerring”. Helvetica Chimica Acta 9 (1): 249–264. doi:10.1002/hlca.19260090130.