リルン氷河

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

リルン氷河(リルンひょうが)は、ユーラシア大陸中央部のヒマラヤ山脈に存在する、氷河の1つである。

概説[編集]

写真中央の雪を冠した高山がランタンリルン山。これを流れ降っているのがリルン氷河であり、下流部が岩石(ティル)に覆われて灰色になっているのも確認できる。

リルン氷河はランタン谷に存在する氷河である [1] 。 この氷河は、ネパールランタン国立公園内にあり、同公園内における最高峰であるランタンリルン山(山頂の標高は約7234 m)から流れ出している [2] 。 この山から大体東の方向へとリルン氷河は流れ出して、2002年時点で、標高約5000 mを下回った辺りから氷河の融解が始まり、おおよそ標高4000 m付近まで流れ降っていた [3] 。 ただし、地球温暖化の影響を受けて、氷の量は急速に減りつつある [4] 。 なお、氷河の融解が始まる標高よりも下流側には、氷河のすぐ横にサイドモレーン(ラテラルモレーン、または、側堆石)が見られる [5] 。 そして、この氷河の下流部はティル(氷河が削り取った岩石片。デブリとも呼ばれる。)によって、その表面が覆われている(つまり氷が見えない状態にある) [1] [2]

氷の減少[編集]

近年リルン氷河は、地球温暖化の影響を受けて氷の減少が続いている。特に1990年代に入ってからヒマラヤ地域の氷河は後退傾向にあり、さらに2001年以降(21世紀に入って)、氷河の後退速度(氷の減少速度)は加速する傾向が見られる。そして、2012年現在、リルン氷河もまた氷の量が少なくなりつつある状況にあって、氷河の氷の厚さが薄くなってきており、氷が薄くなる速度が加速してきている状態にある [4]

リルン氷河と生物[編集]

これはリルン氷河に限ったことではないものの、リルン氷河の下流部のように、その表面がティル(デブリとも言う)に覆われている氷河の場合、氷河の内部の水(氷河内部水)のある場所や、氷河表面の池(氷河上湖)などに生物が生息していることが判明した [2]

出典[編集]

  1. ^ a b 内藤 望、門田 勤、藤田 耕史、坂井 亜規子、中尾 正義 (2002年) 『Surface lowering over the ablation area of Lirung Glacier』 p.41
  2. ^ a b c デブリカバー氷河の生態系
  3. ^ 内藤 望、門田 勤、藤田 耕史、坂井 亜規子、中尾 正義 (2002年) 『Surface lowering over the ablation area of Lirung Glacier』 p.41、p.42
  4. ^ a b 縫村 崇行、藤田 耕史、岡本 祥子、竹中 修平、保科 優、永井 裕人 (2012年) 『現地測量とリモートセンシングによるネパールヒマラヤ、リルン氷河の氷河表面の高度変化量
  5. ^ 内藤 望、門田 勤、藤田 耕史、坂井 亜規子、中尾 正義 (2002年) 『Surface lowering over the ablation area of Lirung Glacier』 p.42