リプレイはずし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

リプレイはずし(リプレイハズシ、リプレイ外しと表記される場合もある)は、パチスロ用語で4号機ビッグボーナス中の打ち方の総称。また5号機以降の機種にも概念が取り入れられている機種がある。

概要[編集]

最終JACイン(リプレイ絵柄で代用されていることが多い)をわざと取りこぼすことにより小役ゲームを延命させ獲得枚数増加を狙う攻略法。小役回収打法と並び、4号機を代表する攻略法である。リプレイを外す手順は機種ごとに異なるが、「リプレイテンパイ時にリプレイ間が6コマ以上ある箇所を狙う」、「リプレイ入賞とチェリーなどの複合揃いを避ける制御を利用する」、「変則押しをすることで自動的にリプレイが外れる」ものが代表的である。例えばハイパーラッシュ(山佐)では逆押しをするだけ[1]でリプレイを外す(JACイン回避)ことができる。

4号機時代[編集]

初の4号機となるチェリーバー(エレコ)の試打にて当時のパチスロ攻略誌のライター、チャンピオン木崎が考案。チェリーバーは小役ゲーム中に2枚掛けをするとリプレイ確率が約1.6分の1とアップする仕様となっていたため、小役ゲーム終了直前までリプレイを外して獲得枚数を増やすことが可能であった。

5号機以降におけるリプレイはずし[編集]

5号機以降は規定変更により、リプレイはずしは事実上不可能になった。アクロスの5号機ハナビでは、「花火チャレンジ」中に4号機ハナビのリプレイ外しと同様の手順を行うことでRTを延命させることが可能となっており、当時のゲーム性を再現している。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ハイパーラッシュ”. www1.yamasa.co.jp. 山佐株式会社. 2019年6月9日閲覧。