リソース競合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

計算機科学においてリソース競合とは、ランダムアクセスメモリディスクストレージキャッシュメモリ、内部バス、外部ネットワークデバイスのような共有リソースへのアクセスにおける衝突のことである。近年、競合の研究は、ラストレベルキャッシュやフロントサイドバス、メモリーソケットコネクションのような記憶階層のリソースに、よりフォーカスされている。

リソース競合問題の解決はオペレーションシステムの基本機能の一つである。様々な低レベルメカニズムが、これを支援するために使える。その中には、ロックセマフォミューテックスキューがある。オペレーションシステムによって適用されうる他の手法の中には、知的スケジューリング、アプリケーションマッピング決定、及びページカラーリングがある[1][2]

リソース競合問題を適切に解決することに失敗すると、問題の数々という結果となり得る。その中にはデッドロックライブロックスラッシングがある。

出典[編集]

  1. ^ Knauerhase, Rob (2008). “Using OS Observations to Improve Performance in Multicore Systems”. IEEE Micro 28 (3): 54–66. 
  2. ^ Zhang, Xiao (2009). “Towards practical page coloring-based multicore cache management”. EuroSys. 

関連項目[編集]