ラード (ミサイル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ラード(Ra'ad)またはハトフ8(Hatf VIII)はパキスタンの空中発射型巡航ミサイル核弾頭搭載可能で射程距離はおよそ350kmとみられ、ステルス性を備えている。陸上、海上の目標を攻撃可能。対艦ミサイルとしても使用可能と思われる。2007年8月25日パキスタン軍は発射実験成功を発表。

外部リンク[編集]