ラファイエット劇場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ラファイエット劇場Lafayette Theatre)は、ニューヨーク州 ロックランド郡サファーンのダウンタウンにある1923年にオープンした映画館。

ファースト・ランの映画館として運営されているが、毎週土曜日の朝ビッグ・スクリにーン・クラシックスという名作のリバイバル上映イベントを行っている。この劇場には歴史的に価値のあるオルガンが設置されており、イベントの際に演奏される。

歴史[編集]

サファーン・アミューズメント・カンパニーは、サファーンのダウンタウンに映画館を造ることを決め、劇場設計で有名なユージン・デ・ロサに劇場の設計を発注し、その新しい劇場はアメリカ独立戦争の英雄であるマーキス・デ・ラファイエットから名付けられた。 映画館としての運営は、1924年で、映画「Scaramouche」がオープニング作品となった。

第二次大戦後、映画ファンは、テレビの影響により映画館へ足を運ばなくなってしまった。そこで劇場は1953年に3Dシステムを導入し短期的に収益を改善した。

劇場はロックランド郡で初めてシネマスコープを導入し映画「The Robe」を上映し人気を博した。

1950年代以降、人々はダウンタウンから郊外に住宅を移し、テレビの影響が強くなって経営は厳しくなる。60年代になるとシネマコンプレックスが台頭し、1スクリーンの映画館は倒産していったが、大スクリーンで豪華な内装のラファイエット劇場は、ある人気を維持して経営は続いた。

2002年ギャラクシー・シアター・コープが長期的な経営契約を結び、1スクリーン劇場としてリニューアル・オープンした。

現在は、ロックランド郡の歴史的映画館として住人に愛されており、古い映画館の新しいリノベーション・モデルとして知られている。

リンク[編集]