ラサ三大寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ラサ三大寺(らさ-さんだいじ)は、チベット仏教ゲルク派の六大僧院のうち、チベットウー地方のラサ近郊に位置するガンデン寺セラ寺デプン寺の三ヶ寺をまとめて呼ぶ場合の呼称。

ラランパ・ゲシェー学位の試験や、ギュメ寺ギュト寺における密教修行、ガンデン・ティパ(ガンデン寺座主)をはじめとする組織人事など、三ヶ寺が一体として行動する場合が多い。 また、蒙古ラマ、タングートラマなどがラサ巡礼に来た場合、三大寺いずれかに世話になる。巡礼ラマがラサ到着後、しばらくすると各寺から勧誘に訪れ、どこに属するか決めることになる。

関連項目[編集]