ライク・ア・ヴァージン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ライク・ア・ヴァージン
マドンナスタジオ・アルバム
リリース
録音 1984年 4月 - 9月
パワー・ステーション・スタジオ
ジャンル ポップス
時間
レーベル サイアー・レコード
ワーナー・パイオニア (日本)
プロデュース ナイル・ロジャース、マドンナ、スティーヴン・ブレイ英語版
マドンナ 年表
バーニング・アップ
(1983年)
ライク・ア・ヴァージン
(1984年)
トゥルー・ブルー
(1986年)
テンプレートを表示

ライク・ア・ヴァージン』(Like a Virgin)は、マドンナ1984年に発表された第2作目のオリジナルアルバムである。

概要[編集]

前作『バーニング・アップ』の成功によってマドンナは自信を深め、今作では自らが主導的に製作しようと考えた。しかしレコード会社はマドンナ単独での製作は許可せず、デヴィッド・ボウイでの仕事が評価されていたナイル・ロジャースをチーフプロデューサーとして迎え製作を開始した[4]

シックのメンバーのサポートを受け、ニューヨークのスタジオで迅速に製作は進められた。当時まだ新しかったデジタルでのレコーディングが行われた[5]。音楽的には前作ほど新しい試みはなされなかったが、ニュー・ウェーヴダンス・ポップとして強力な曲を作ることが出来たとマドンナは感じた[6]

商業的には前作を上回る大ヒットとなるが、リリース時の批評は賛否両論であった。現在では概ね前作の方が評価は高い[7]。チャート・パフォーマンスではBillboard 200において初の1位、そして世界のほとんどの国で5位以内を記録した。全世界の売り上げは2100万枚である[8]

リリースして半年後、ヴァージン・ツアーを行った。当初は世界ツアーの予定であったが、北米のみに限定された。舞台監督パトリック・レオナードで、美しい照明とセットによりアルバム・ジャケットの世界がそのまま展開され各地の公演は即完売となった。特にマドンナのような衣装に身を包んだ女性達で会場はあふれた[9]。ツアーの売り上げは500万ドルにのぼる[10]

アルバムに使用された写真はスティーヴン・マイゼルによって、ニューヨークセント・レジス・ホテルスイートルームで撮影された[11]。特にフロント・ジャケットの写真は当時、非常に議論をまき起こした[12]

マドンナはこの作品によって単なる一発屋ではなく、ポップス界に欠くことの出来ないスターであることを証明した[13]

収録曲[編集]

# 邦題 原題 作者 長さ
1. マテリアル・ガール "Material Girl" Peter Brown, Robert Rans 4:00
2. エンジェル英語版 "Angel" Madonna, Stephen Bray 3:56
3. ライク・ア・ヴァージン英語版 "Like a Virgin" Tom Kelly, Billy Steinberg 3:38
4. オーヴァー・アンド・オーヴァー "Over and Over" Madonna, Bray 4:12
5. 愛は色あせて "Love Don't Live Here Anymore" Miles Gregory 4:47
6. ドレス・ユー・アップ英語版 "Dress You Up" Andrea LaRusso, Peggy Stanziale 4:01
7. シュー・ビー・ドゥ "Shoo-Bee-Doo" Madonna 5:16
8. プリテンダー "Pretender" Madonna, Bray 4:30
9. ステイ "Stay" Madonna, Bray 4:07
10. ライク・ア・ヴァージン
(エクステンディッド・ダンス・ヴァージョン)*
"Like a Virgin" (Extended Dance Remix) Madonna 6:08
11. マテリアル・ガール
(エクステンディッド・ダンス・リミックス)*
"Material Girl" (Extended Dance Remix) Madonna 6:07
  • * 2001年発売のリマスターCD盤のみのボーナス・トラック。

シングル[編集]

# 曲名 リリース
1. ライク・ア・ヴァージン英語版 1984年11月6日[14]
2. マテリアル・ガール 1984年11月30日[15]
3. エンジェル英語版 (B面 イントゥ・ザ・グルーヴ英語版) 1985年4月10日[16]
4. ドレス・ユー・アップ英語版 1985年7月24日[17]

アルバム・クレジット[編集]

参加ミュージシャン[編集]

プロダクション[編集]

アルバム・デザイン[編集]

脚注[編集]

  1. ^ http://www.madonna.com/discography/index/album/albumId/2/
  2. ^ http://www7a.biglobe.ne.jp/~yamag/album2512/al_madonna.html
  3. ^ http://artist.cdjournal.com/d/burning-up/3201061131
  4. ^ Taraborrelli 2002, p. 85.
  5. ^ Buskin, Richard (September-2007). “Classic Tracks: Madonna 'Like A Virgin'”. en:Sound on Sound. SOS Publications Group. 2014年4月22日閲覧。
  6. ^ Taraborrelli 2002, p. 81.
  7. ^ Miller, Debby (1985年1月2日). “Madonna: Like A Virgin”. Rolling Stone (Jann Wenner). http://www.rollingstone.com/music/reviews/album/3045/21668 2014年4月22日閲覧。 
  8. ^ Reporter, Daily (2008年8月15日). “Contrasting fortunes as Madonna and Jacko turn 50”. The Age (Melbourne: en:Fairfax Media). http://www.theage.com.au/lifestyle/people/contrasting-fortunes-as-madonna-and-jacko-turn-50-20090403-9ruh.html 2014年4月22日閲覧。 
  9. ^ Voller 1999, p. 21
  10. ^ Metz & Benson 1999, p. 119
  11. ^ Cross, Martha (1992-10-12). “Madonna's Magician Steven Meisel”. New York (New York Media LLC) 25 (40). ISSN 0028-7369. http://books.google.com/books?id=oOQCAAAAMBAJ&dq=Madonna+like+a+virgin+cover&source=gbs_navlinks_s 2014年4月22日閲覧。. 
  12. ^ Inside Madonna's material world: Queen of Pop's most famous costumes go on display for one night only at pop-up exhibition”. Daily Mail. Associated Newspapers Ltd (2013年4月29日). 2014年4月22日閲覧。
  13. ^ Blackler, Zoë (2008-08-15). “Madonna's 50 most memorable moments”. The Sunday Times. ISSN 0956-1382. 
  14. ^ http://www.madonna.com/discography/index/album/albumId/37/
  15. ^ http://www.madonna.com/discography/index/album/albumId/36/
  16. ^ http://www.madonna.com/discography/index/album/albumId/35/
  17. ^ http://www.madonna.com/discography/index/album/albumId/34/

参考文献[編集]