ヨーロッパのグリーンインフラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国境を越えた生態学的ネットワークは渡り種(魚、海洋哺乳類、鳥など)がよりよく反映している。それは "パン"と呼ばれています。
2010年以降の生物多様性政策の一環としての、EU全体のグリーンインフラのための欧州委員会の新戦略の発表(2010) [1]
集約農業地帯の生態学的回廊湿地 )の例として欧州委員会が使用している航空写真。 2013-05-30 [1]閲覧

欧州のグリーンインフラストラクチャは、 生物多様性および生物多様性政策に関する新しい(2010年以降)EU戦略の重要施策。

計画アプローチ[編集]

GISアプリケーション[編集]

地理情報システム (GIS)の継続的な開発とその利用レベルの向上は、グリーンインフラストラクチャ計画の策定において特に重要である。こうした計画はしばしば多くの地理情報層に関するGIS分析に基づいている。

経済効果[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

脚注
  1. ^ a b ソース :Conseil de l'Europe(2010)、 グリーンインフラストラクチャ 、Nature、Juin 2010、PDF、4ページ(出典が確認されている限り、複製は承認されています)、取得2013-05-30
参考文献

外部リンク[編集]