ユリア・ラスキナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ユリア・ラスキナ
Yulia Raskina
Gymnastics (artistic) pictogram.svg
Raskina10-syd20000929blr-450ver2.jpg
シドニー五輪でのラスキナ
国籍 ベラルーシの旗 ベラルーシ
生年月日 1982年4月9日(32歳)
生誕地 ミンスク
身長 161㎝
体重 42kg
種目 新体操
所属 ディナモ・ミンスク
コーチ イリーナ・レパルスカヤ
引退 2003年
 
獲得メダル
新体操
オリンピック
2000 シドニー 個人総合
世界選手権
1999 大阪 個人総合
1999 大阪 団体総合
1999 大阪 ボール
1999 大阪 リボン
1997 ベルリン 団体総合
テンプレートを表示

ユリア・ラスキナYulia RaskinaЮлия Раскина1982年4月9日 - )はベラルーシ新体操選手。

経歴[編集]

  • 1982年4月9日、ユダヤ系のスポーツ一家のもとに生まれる。母親は旧ソ連の新体操のコーチ。ジュニア時代は母親の指導を受けていた。
  • 1989年より新体操を始める。
  • 1992年にナショナルチーム入り。
  • 1997年の世界新体操選手権に団体総合のメンバーとして出場し、銀メダル獲得に貢献した。
  • 1999年の世界新体操選手権において、個人総合含む全4種目で銀メダルを獲得。
  • 2000年のシドニーオリンピックの個人総合において銀メダルを獲得。1位のロシアの旗ユリア・バルスコワとは0.084点の僅差だった。
  • 2003年に現役引退。

脚注[編集]


出典[編集]