メッティンゲン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紋章 地図
(郡の位置)
Wappen Möttingen.png Locator map DON in Germany.svg
基本情報
連邦州: バイエルン州
行政管区: シュヴァーベン行政管区
郡: ドナウ=リース郡
緯度経度: 北緯48度48分
東経10度35分
[1]
標高: 海抜 415 m
面積: 31.83 km²
人口:

2,436人(2012年12月31日現在) [2]

人口密度: 77 人/km²
郵便番号: 86753
市外局番: 09083
ナンバープレート: DON
自治体コード: 09 7 79 185
行政庁舎の住所: Pfarrgasse 6
86753 Möttingen
ウェブサイト: www.moettingen.de
首長: エルヴィン・ザイラー (Erwin Seiler)
郡内の位置
Möttingen in DON.svg

メッティンゲン (Möttingen) はドイツ連邦共和国バイエルン州シュヴァーベン行政管区ドナウ=リース郡に属す町村(以下、本項では便宜上「町」と記述する)である。

地理[編集]

メッティンゲンはアウクスブルク地方、隕石の衝突により形成されたネルトリンガー・リース内に位置する。

自治体の構成[編集]

この町は、公式には8つの地区 (Ort) からなる[3]。このうち小集落や孤立農場などを除く集落を以下に列記する。

  • アッペツホーフェン
  • バルクハイム
  • エンキンゲン
  • クラインゾルハイム
  • リーアハイム
  • メッティンゲン

歴史[編集]

12世紀には、エッティンゲン伯、リアハイム家、カイスハイム修道院、ツィンメルン修道院、ヴェルヴァルト家といった貴顕らが土地所有権を有していた。1323年にエッティンゲン伯は、自らの所領を代官権や庇護権とともにドイツ騎士団に売却した。ドイツ騎士団エリンゲン地方司令官はその後、なおも上級裁判権を保持していたエッティンゲン=ヴァラーシュタイン伯と村の領主権を共有していた。メッティンゲンは宗教改革以後、プロテスタントの牧師の所在地となった。この村の権利所有者はいずれも1805年から1806年陪臣化され、1806年のライン同盟によりこの町はバイエルン領となった。1818年に現在の行政上の自治体が成立した。1975年にメッティンゲン、アッペツホーフェン、エンキンゲン、クラインゾルハイムは自発的に新生メッティンゲンとして合併し、1978年にバルクハイムがこれに加わった。

人口推移[編集]

  • 1970年 2,255人
  • 1987年 2,249人
  • 2000年 2,428人

行政[編集]

町長は、2008年からエルヴィン・ザイラー (Dorfgemeinschaft/Wählergruppen/Wählergemeinschaft) が務めている。

紋章[編集]

上下二分割。上部は赤と金で2列に並んだ兜。下部は銀地に黒い先広十字。

経済と社会資本[編集]

鉄道[編集]

メッティンゲンは、リース鉄道アーレン - ドナウヴェルト線沿いに位置する。

引用[編集]

外部リンク[編集]