マッティ・シッパラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マッティ・シッパラ Portal:陸上競技
Eino Penttilä, Matti Järvinen, Matti Sippala 1932.jpg
ロサンゼルスオリンピック男子やり投メダリストたち、右がシッパラ(1932年)
選手情報
フルネーム マッティ・カレルヴォ・シッパラ
国籍  フィンランド
種目 やり投
所属 Lahden Urheilijat, Lahti (FIN)
生年月日 (1908-03-11) 1908年3月11日
生誕地 フィンランド南スオミ州パイヤト=ハメ県ホッロラ(en:Hollola
没年月日 (1997-08-22) 1997年8月22日(89歳没)
死没地 フィンランド・南スオミ州キュメンラークソ県コトカ
身長 183cm
体重 84kg
自己ベスト やり投:70.54m(1934年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

マッティ・シッパラMatti Kalervo Sippala1908年3月11日 - 1997年8月22日)は、フィンランド陸上競技選手である。彼は、1932年に開催されたロサンゼルスオリンピックの男子やり投で銀メダルを獲得した。

経歴[編集]

ロサンゼルスオリンピックでの男子やり投は、7つの国から13人の選手が出場して1932年8月4日に予選なしの決勝のみで実施された。シッパラは第1投で68メートル14センチを投げて3位につけたが、5投目まで記録は伸びず、4位まで順位を下げていた。最後の6投目で、69メートル80センチと記録を伸ばし、同じくフィンランド代表マッティ・ヤルヴィネンについで銀メダルを獲得した。なお、3位にも同じくフィンランド代表のエイノ・ペンティラが入り、フィンランド勢が表彰台を独占することになった[1]

その他の主要な競技会では、1934年にトリノで開催されたヨーロッパ陸上競技選手権大会のやり投で2位になった経験がある[2][3]。その後1997年に、コトカで死去した。

脚注[編集]

  1. ^ Athletics at the 1932 Los Angeles Summer Games:Men's Javelin Throw 2011年6月4日閲覧。(英語)
  2. ^ EUROPEAN CHAMPIONSHIPS (MEN) 2011年6月4日閲覧。(英語)
  3. ^ European Championships Turin 1934Communale Stadium, 7-9 September Men's results アーカイブ 2011年7月16日 - ウェイバックマシン 2011年6月4日閲覧。(英語)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]