マウント・カルメル・センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マウント・カルメル・センター
Mount Carmel Center
マウント・カルメル・センター(1993年4月)
ウェーコ包囲戦中のマウント・カルメル・センター。M728戦闘工兵車が体育館の屋根を破壊している。
テキサス州におけるブランチ・ダビディアンのマウント・カルメル・センターの所在地
テキサス州におけるブランチ・ダビディアンのマウント・カルメル・センターの所在地
テキサス州におけるマウント・カルメル・センターの所在地
別名 Branch Davidian compound
概要
現状 崩落
自治体 テキサス州マクレナン郡
アメリカ合衆国
座標 北緯31度35分46秒 西経96度59分17秒 / 北緯31.596089度 西経96.98804度 / 31.596089; -96.98804
倒壊 1993年4月19日

ニュー・マウント・カルメル・センター英語: New Mount Carmel Center)はアメリカ合衆国テキサス州ウェーコのはずれにあったブランチ・ダビディアンの拠点施設の名称。初代の長はベンジャミン・ローデンで、後にデイヴィッド・コレシュが引き継いだ。イスラエル北部にある聖書の山 (Biblical mountain) に由来する。ATFの職員4人とブランチ・ダビディアンの83人が死亡したウェーコ包囲戦(1993年)の舞台となり焼失した[1]

脚注[編集]

  1. ^ No Martyrs in Waco”. The New York Times (1995年7月9日). 2009年7月5日閲覧。

外部リンク[編集]

座標: 北緯31度35分45秒 西経96度59分17秒 / 北緯31.59583度 西経96.98806度 / 31.59583; -96.98806