ポスター・チャイルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ニクソン大統領とポスター・チャイルド

ポスター・チャイルド(poster child)、時にポスター・ボーイ(poster boy)またはポスター・ガール(poster girl)は、用語の本来の意味では、その写真が、資金を集めたりボランティアを募集したりするキャンペーンの一環として、ポスターやその他のメディアで使用されている、何らかの病気や奇形に苦しんでいる子供のことをいう。このようなキャンペーンは、毎年の取り組みやイベントの一部である場合があり、特定の子供の名前と年齢、及びその他の個人情報が公開されている場合がある[1]

現代では、「ポスター・チャイルド」とは、その属性または行動が、既存の原因、運動、環境、または理想を象徴するあらゆる年齢の人のことを指す。その人は、具象または原型として考えられている。 これは、その人のアイデンティティ自体が、関連する理想と同義であることや、最も有利または最も不利な側面を代表するものであることを意味する。

[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ この取り組みは、特に筋ジストロフィー協会で採用された。 (see e.g. Obituary of Jolene Kay Worley, who in 1955 became the first National Muscular Dystrophy Poster Child
  2. ^ "To a poster child, dying young", U.S. News and World Report, April 16, 1990

関連項目[編集]