ボールミル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Ball mill.gif

ボールミルは、粉砕機の1種で、セラミックなどの硬質のボールと、材料の粉を円筒形の容器にいれて回転させることによって、材料をすりつぶして微細な粉末を作る装置である。

ボールミルには、缶体・胴体(シェル)として鋼、ステンレス、ナイロンなどのものがあり、内張り(ライナー)としてミル用アルミナ煉瓦、磁器質、天然ケイ石、ゴム、ウレタンを用いる。球石(メディア)は、高アルミナを主成分とするアルミナ球石(Corundit素地で高温焼結した緻密なコランダム結晶質であり、被粉砕物への摩耗した球石の成分の混入が少ない)、天然ケイ石、鉄芯入りナイロンボール、ジルコニアボールなどがある。湿式と乾式の粉砕方法があり、セラミックス、研磨材、顔料、ガラス、フリットなどの微粉砕に用いられる。

金属に機械的な力を加えての合金製作(メカニカルアロイング)にも用いられる。

セメント工場等で用いられる大型ボールミル(チューブミル、Cement mill)は媒体として鉄球が用いられており、鉄球の衝撃と摩擦により微粉砕が行われる。中仕切により胴体が2室に区切られ、第1室では大径ボールによる衝撃粉砕が、第2室では小径ボールによる摩砕が行われている。