ボイオリクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
キンブリ族テウトネス(テュートン)族の移動
Battle icon gladii red.svg キンブリ族・テウトネス族の敗北
Battle icon gladii green.svg キンブリ族・テウトネス族の勝利

ボイオリクス(Boiorix、? - 紀元前101年)は、キンブリ族の王。ボイオリクスに率いられたキンブリ族は、北海沿岸のもともとの居住地域から、新たな定住地を求めて南へ移動していった。ボイオリクスの最大の成功は、紀元前105年アラウシオの戦いローマ軍に対して大勝利を挙げたことであった[1]。それ以前にも、紀元前113年ノレイアの戦いにおいて、ボイオリクスはローマ軍を撃破していた。しかし、その後、紀元前101年ウェルケラエの戦いにおいてガイウス・マリウス率いるローマ軍に敗北した。ボイオリクス自身も、この戦いの際に戦死した。

出典・脚注[編集]

  1. ^ Livy. “Periochae of Books 66-70”. 2010年10月5日閲覧。ティトゥス・リウィウス

参考文献[編集]