ホーエンツォレルン家勲章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホーエンツォレルン王家勲章大司令官章頚飾

ホーエンツォレルン家勲章(ホーエンツォレルンけくんしょう、Hausorden von Hohenzollern or Hohenzollernscher Hausorden)は、ホーエンツォレルン家の勲章。プロイセン王国ルーマニア王国の勲章だった。

歴史[編集]

ホーエンツォレルン=ヘッヒンゲン侯国の皇太子だったコンスタンチンとホーエンツォレルン=シグマリンゲン侯国の皇太子だったカール・アントンの布告によって1841年12月5日に制定された。この2つの侯国は1850年に傍系のホーエンツォレルン家の治めるプロイセン王国に併合されて、プロイセン王国の県となった。1851年8月23日にプロイセンのホーエンツォレルン家もこの勲章を改めてプロイセン・ホーエンツォレルン家の勲章として採用する。制定者であるコンスタンチンとカール・アントンは併合後にも叙勲を行うことを認められていたのでホーエンツォレルン家勲章は2つ存在した。すなわちプロイセンのホーエンツォレルン家が叙勲を行った「ホーエンツォレルン王家勲章」(Königlich Hausorden von Hohenzollern or Königlich Hohenzollernscher Hausorden)とホーエンツォレルン=ヘッヒンゲンとホーエンツォレルン=シグマリンゲンの両家が叙勲を行った「ホーエンツォレルン皇太子王家勲章」(Fürstlich Hausorden von Hohenzollern or Fürstlich Hohenzollernscher Hausorden)である。

第一次世界大戦末期のドイツ革命でドイツ皇帝・プロイセン国王ヴィルヘルム2世が廃位に追い込まれ、オランダへ亡命しており、この時にプロイセン王国の歴史は幕を閉じたが、彼は亡命後もドイツ国家の非公式ながらもホーエンツォレルン王家勲章の授与を続けていた。

一方ホーエンツォレルン=シグマリンゲン侯国のカール・アントン侯の第二子はルーマニアの国王カロル1世となった。三代国王カロル2世の時代にホーエンツォレルン皇太子王家勲章がルーマニアの国家勲章となっている。この勲章は1947年のルーマニア王室の崩壊まで続いた。 現在も少数であるが発行をしている。

等級[編集]

「ホーエンツォレルン王家勲章」には以下の階位が存在した。大司令官章と司令官章には星付きと星無しがあった。

  • 大司令官章 (Großkomtur)
  • 司令官章 (Komtur)
  • 騎士 (Ritter)
  • メンバー (Inhaber)

「ホーエンツォレルン皇太子王家勲章」には以下の階位が存在した。

  • 一級名誉十字章 (Ehrenkreuz 1. Klasse)
  • 名誉司令官十字章 (Ehrenkomturkreuz)
  • 二級名誉十字章 (Ehrenkreuz 2. Klasse)
  • 三級名誉十字章 (Ehrenkreuz 3. Klasse)
  • 功積十字金章 (goldenes Verdienstkreuz)
  • 功積十字銀章(silbernes Verdienstkreuz)
  • 名誉メダル金章 (goldene Ehrenmedaille)
  • 功積十字銀章(silberne Verdienstmedaille)