ベリンゲン選炭プラント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
選炭機の背面
ベリンゲン炭鉱の選炭機と事務所

ベリンゲン選炭プラント(ベリンゲンせんたんプラント)は、選炭機・選炭場とも言える。その炭鉱遺産はベルギーのベリンゲン炭鉱にあるプラントである。この建物は1984年に、フランドル地域庁に文化遺産として保護されている。

2007年にヨーロッパ産業遺産の道 (European Route of Industrial Heritage, ERIH)のフラマン炭鉱博物館となり、繁栄したベルギー石炭産業最大の建物の証である。[1]

機能[編集]

ベリンゲン炭鉱で採掘された石炭は、販売される前に、ズリと分けられなければならない。これは石炭鉱業の地上の重要な作業である。ベリンゲン炭鉱に1924年に建設された選炭場では、その作業が行われていた。

1989年のベリンゲン炭鉱の閉山後、フラマン炭鉱博物館(Flemish Coal Mining Museum)の一部になった為、この建物は取壊しを中止した。そのため、フランドル地域庁が2010年に138万ユーロを復元用金額として決められた。

世界炭鉱遺産[編集]

炭鉱遺産として残された選炭場はわずか少ないので、ベリンゲン選炭機は西欧の炭鉱遺産の中の珍しいものである。ヨーロッパ産業遺産の道の中の位置は選炭場が残りブレニ炭鉱とツォルフェアアイン炭鉱業遺産群と比較できられるだろう。[2]

大衆文化[編集]

ベリンゲン選炭機のトッピクはもう二人の写真家の作品に使用されている:

  • Danny Veys、COALFACE gallery (ベルギー)、‘Triage de Beeringen’、 2008年6月 - 9月[3]
  • Jonny Vekemans,岩見沢炭鉱の記憶マネジメントセンター、‘Het licht is uit’、 2013年6月 - 8月[4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ベルギーにはわずか三ヶ所の炭鉱の選炭機が残った。それはベリンゲン鉱・ブレニ鉱と ビンチェ鉱のである。
  2. ^ http://www.blegnymine.be/
  3. ^ http://www.coalface.be/nl/photography/portfolio/triage-de-beeringen/
  4. ^ http://www.lightpaintings.be/?page_id=90