プブリウス・ペトロニウス・トゥルピリアヌス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

プブリウス・ペトロニウス・トゥルピリアヌス古典ラテン語Publius Petronius Turpilianus、? - 68年)はローマ帝国ユリウス・クラウディウス朝期に活躍した政治家、軍人である。

略歴[編集]

プブリウス・ペトロニウス・トゥルピリアヌスは61年執政官へ選出されたが、任期の半ばで職を辞し、その年の内にボウディッカによる反乱を鎮圧したガイウス・スエトニウス・パウリヌスに代わってブリタンニア属州総督となり、同地の軍を引き継いだ。63年にマルクス・トレベッリウス・マクシムスen)が総督となるまで2年間の任期中にブリタンニアの部族からの攻撃も無く、ローマ側から攻撃をすることもせずに、ブリタンニアを治めた。

65年に発覚したガイウス・カルプルニウス・ピソ(en)を皇帝に擁立する陰謀計画を潰したことによる論功で、皇帝ネロからガイウス・オフォニウス・ティゲッリヌスプラエフェクトゥス・プラエトリオ)やマルクス・コッケイウス・ネルウァ(後のローマ皇帝)と共に凱旋の名誉を与えられた。

68年6月にネロが自殺して、ヒスパニア・タラコネンシス総督であったガルバが皇帝に即位すると、ネロによる命令としてペトロニウスは自殺させられた。