プズル・アッシュール2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

プズル・アッシュール2世Puzur Ashur II、生没年未詳)は、古アッシリア王国時代のアッシリア

アッシリア王名表によればサルゴン1世の息子として生まれた。この時代の多くのアッシリア王と同じく彼についての情報は乏しく、出土している文書類も、完全に彼の時代の物と断定できるものが無いため業績はほとんどわかっていない。中アッシリア王国時代の王アッシュール・リム・ニシェシュの残した記録によれば、プズル・アッシュール2世はアッシュール市の城壁の造営を行った王として称えられている。

同じ文書の中で、彼の先王サルゴン1世、更にその前の王イクヌムの時代にも城壁の造営が行われたと記録されており、当時アッシュール市の城壁工事が頻繁に行われていたらしいことがわかる。

死後ナラム・シンが後を継いだ。アッシリア王名表によればナラム・シンはプズル・アッシュール2世の息子とされているが、異説もある。