ブレゲー 1001 タン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ブレゲー 1001 タン

Breguet 1001 Taon in flight c1958.jpg

ブレゲー 1001 タン(Breguet Br.1001 Taon)は、フランスブレゲーが開発していた小型戦闘攻撃機。1957年初飛行。2機が試作されたが、量産には至らなかった。

概要[編集]

NATO軍向けの軽量打撃戦闘機計画(Light Weight Strike Fighter,LWSF)として、1953年より開発が開始された。軽量単座の戦闘攻撃機である。主翼は中翼配置の後退翼であり、インテイクは胴体側面にある。ターボジェットエンジン1基を搭載し、ノズルは胴体末端にある。

試作機は3機が発注されたが、製造されたのは2機に留まる。初飛行は1957年7月26日に行なわれた。

NATOの選考にかけられたが、これにはフィアットG.91が採用されたため、量産には至らなかった。

要目[編集]

  • 乗員:1名
  • 全長:11.68m
  • 全幅:6.8m
  • 全高:3.7m
  • 翼面積:14.7m2
  • 全備重量:5,000 kg
  • エンジン:ブリストル・シドレー・オルフェウス ターボジェットエンジン1基(推力 21.6kN)
  • 最大速度:1,194 km/h
  • 武装:12.7mm機銃 4門

参考文献[編集]

  • The Illustrated Encyclopedia of Aircraft (Part Work 1982-1985). Orbis Publishing.
  • 大戦後のアメリカ・イギリス軍試作・計画機(3) イギリスその他の国々 デルタ出版 2001年9月発行