ブリズバール家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ブリズバール家またはブリーズバール家(フランス語:Maison de Brisebarre)は、十字軍国家において、ベイルート領主およびカイサリア領主となった貴族の家系。

概要[編集]

1125年以降、エルサレム王ボードゥアン2世により重用された[1]。ベイルート領主、のちに婚姻を通してカイサリア領主を継承した。

系図[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ゴーティエ1世
ベイルート領主
1125-1126
 
ギー1世
ベイルート領主
1127-1140
 
 
 
 
 
 
 
 
 
グルニエ家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ゴーティエ2世
ベイルート領主
1140-1147
 
ギー2世
ベイルート領主
1147-1156
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ユーグ(en
カイサリア領主
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エレン
(フィリップ・ド・ミリー娘)
 
ゴーティエ3世
ベイルート領主
1156-1166
 
マルグリット
=ベイサン領主グレモン1世
 
ギー
 
ジュリアナ(en
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アダム3世
 
 
 
ゴーティエ3世(en
カイサリア領主
 
マルグリット
(バリアン・ディブラン娘)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アリス・ド・モンテギュ
 
ジャン(en
カイサリア領主
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マルグリット(en
カイサリア女相続人
 
ジャン・アレマン(en
カイサリア領主
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イザベル・ディブラン
ベイルート女相続人
 
ニコラ・アレマン(en
カイサリア領主
 
トーマ・アレマン(en
カイサリア領主
 

脚注[編集]

  1. ^ A.ジョティシュキー、pp. 117

参考文献[編集]

  • A.ジョティシュキー 『十字軍の歴史』 刀水書房、2013年
  • John L. la Monte, Feudal Monarchy in the Latin Kingdom of Jersalem 1100 to 1291, Kraus Reprint Co., 1970, p. 394
  • Hans Eberhard Mayer, "The Wheel of Fortune: Seignorial Vicissitudes under Kings Fulk and Baldwin III of Jerusalem", Speculum, vol. 65, no 4,‎ 1er octobre 1990, p. 860–877