フーガ (航空機メーカー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

フーガ(Etablissements Fouga et Cie)はフランス航空機メーカーである。

1920年にガストン・フーガ(Gaston Fouga)によってベジエ(Béziers)に設立された。当初は鉄道車両の修理工場であったが、後にアイル・シュール・アドーロの木工工場で製作された航空機によって有名になった。

ルイ・ブレゲーの技術的アドバイスを受け、1936年に航空機技術者 ピエール・モーブッサン(Pierre Mauboussin) の設計を購入し、またモーブッサンを雇用して航空機の製作を始めた。更にデヴォアティーヌで働いていた航空機技術者 ロベール・キャステロ(Robert Castello)が加わり、初期のフーガの機体はキャステル・モーブッサンと呼ばれ、その後も2人の頭文字であるCMの記号がつけられた。

フーガの最も成功した製品は戦後製作された軍用練習機のCM.170 マジステールで、グライダーの設計経験が生かされており、その特徴はスレンダーなテーパー翼に見られる。マジステールの成功によって1953年に新しい工場を建設した。1958年にフーガの資産はすべてポテーズに買収され、1961年の末にはフーガのブランド名は消滅した。

機体リスト[編集]