フレディー・カスティーリョ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フレディー・カスティーリョ
基本情報
本名 フレディー・カスティーリョ
通称 Chato Loco
階級 フライ級
国籍 メキシコの旗 メキシコ
誕生日 1965年6月15日(50歳)
出身地 ユカタン州メリダ
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 68
勝ち 45
KO勝ち 30
敗け 18
引き分け 5
テンプレートを表示

フレディー・カスティーリョFreddy Castillo、男性、1955年6月15日 - )は、メキシコプロボクサーユカタン州メリダ出身。第3代WBC世界ライトフライ級王者。第19代WBC世界フライ級王者。

来歴[編集]

カスティーリョは1971年にプロに転向した。

1978年2月19日、WBC世界ライトフライ級王者ルイス・エスタバを14回TKO勝ちを収め王座獲得に成功した。

1978年5月6日、ネトルノイ・ソー・ボラシングに判定負けを喫し王座から陥落した。

1982年7月24日、WBC世界フライ級王者プルデンシオ・カルドナを判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

1982年11月6日、エレンシオ・メルセデスに判定負けを喫し初防衛に失敗し王座から陥落した。

1986年2月22日、WBC世界フライ級タイトルマッチで王者ソット・チタラダに判定負けを喫し、この試合を最後に現役を引退した。

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
ルイス・エスタバ
第3代WBC世界ライトフライ級王者

1978年2月19日 - 1978年5月6日

次王者
ネトルノイ・ソー・ボラシング
前王者
プルデンシオ・カルドナ
第19代WBC世界フライ級王者

1982年7月24日 - 1982年11月6日

次王者
エレンシオ・メルセデス