フレッドダーリンステークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

フレッドダーリンステークスFred Darling Stakes、別名ドバイデューティーフリーステークス Dubai Duty Free Stakes)はイギリスのニューベリー競馬場で行われる競馬の競走1000ギニーの前哨戦として知られる。2014年の格付はG3。

フレッドダーリンステークス
Fred Darling Stakes
開催国 イギリスの旗イギリス
競馬場 ニューベリー競馬場
創設 1949年
2014年の情報
距離 芝7ハロン
(約1408メートル)
格付け G3[1]
賞金 賞金総額60,000ポンド[1]
出走条件 3歳牝馬
負担重量 9ストーン
(約57.15kg
テンプレートを表示

概要[編集]

フレッドダーリンステークスは、イギリスの平地競走のシーズン最初の4月に行われる3歳牝馬の重賞である。定量戦で、ヨーロッパの3歳牝馬クラシック戦線の前哨戦と位置づけられている[2]

1970年にヨーロッパにグループ制が敷かれて以来、G3に格付けされている。

ヨーロッパ3歳牝馬戦線の前哨戦[編集]

フレッドダーリンステークスはヨーロッパの主要競馬開催国のなかでも最も早い時期に行われる重賞の一つである。前年の2歳時の戦績に関係なく9ストーン(約57キロ)の負担重量で出走できる定量戦であり、その年のヨーロッパの3歳牝馬戦線の動向を占う意味で注目される[3][2]

近年では、1992年に3着だったカルチャーヴァルチャー(Culture Vulture)がプール・デッセ・デ・プーリッシュ(フランス1000ギニー)に優勝[3]、2000年にはフレッドダーリンステークスで4着になったラハン(Lahan)が数週間後の1000ギニーに優勝している[3]

出走頭数は年によって大きな開きがあり、1997年(7頭)・2010年(8頭)のように少頭数になることもあれば、2009年(16頭)・2011年(14頭)のように多頭数となることもある[3]

ニューベリー・スプリングトライアル開催[編集]

イギリスでは秋から春にかけてが障害競馬(ナショナルハント競走)のシーズンで、ニューベリー競馬場では3月末に障害競走がファイナルを迎える。

次いで平地競走が開幕するが、例年4月に行われる「スプリングトライアル開催(Spring Trials Meeting)」は、イギリスに本格的な平地競走の新シーズン到来を告げる開催となっている[3]。この開催の目玉は、3歳牡馬クラシック戦線の重賞グリーナムステークスと3歳牝馬クラシック戦線の重賞フレッドダーリンステークスである[3]。両競走とも定量戦なので2歳時の戦績に関係なく9ストーン(約57キロ)の負担重量で出走でき、イギリスのみならずヨーロッパのクラシックシーズンにとって注目の重賞とされている[3]

近年はドバイデューティフリー社(DDF)がこの開催のスポンサーとなっており、「ドバイデューティーフリー・スプリング・トライアル開催」と銘打っている。DDF社はフレッドダーリンステークスのスポンサーでもあり、フレッドダーリンステークスは興行的には「ドバイデューティーフリーステークス」の名称で行われている。ただし競走成績書には「フレッドダーリンステークス」と記録される。

歴史[編集]

1000ギニートライアルプレート[編集]

春のニューベリー競馬場の開催には1906年創設のグリーナムステークスがあり、3歳牡馬クラシックのシーズン最初の重賞として知られてきた。1940年に、ニューベリー競馬場では3歳牝馬クラシックのシーズン最初の重賞として1000ギニートライアルプレートOne Thousand Guineas Trial Plate)を創設した[4][5]

ランボーンステークス[編集]

1949年にはこれがランボーンステークスLambourn Stakes)となった[6]。一般的にはこの年をフレッドダーリンステークスの創設年としている[3][2][7]。ランボーン(Lambourn)とはニューベリー競馬場のあるバークシャーの行政教区(Civil Parish)の一つで、イギリスの障害競走馬の調練所があることで知られている。ランボーンステークスは7ハロン60ヤード(約1463メートル)で行われた[8]

フレッドダーリンステークス[編集]

1955年から、ランボーンステークスはフレッドダーリンステークスに改称した[9][6][2]。これは、1953年に亡くなった有名な生産者・調教師のフレッド・ダーリング(Frederick Darling)を記念したものである[3]

1988年から1995年まではゲインスボロー牧場(Gainsborough Stud)がスポンサーとなっていた[3][6]

ドバイデューティフリーステークス[編集]

1996年から、航空関連会社のドバイデューティーフリーがフレッドダーリンステークスのスポンサーとなった[6]。1999年からはフレッドダーリンステークスはドバイデューティフリーステークスDubai Duty Free Stakes)として開催されている。この場合でも競走成績書には「フレッドダーリンステークス」と記録される[6][2]

なお、1998年までは左回りのコースで行われていたが、1999年からは直線コースで行われている[3][2]

記録[編集]

2014年時点での記録[3]

最多勝騎手[編集]

最多勝調教師[編集]

歴代勝馬[編集]

1949年-1954年(ランボーンステークス時代)[編集]

  • 1949: Vale of Towy
  • 1950: Serocco
  • 1951: 中止
  • 1952: Refreshed
  • 1953: Rose Coral
  • 1954: Felise

1955年-1969年(グループ制導入前)[編集]

  • 1955: Feria
  • 1956: None Fairer
  • 1957: Sijui
  • 1958: Nicaria
  • 1959: Rosalba
  • 1960: Soldier's Song
  • 1961: Who Can Tell
  • 1962: Anassa
  • 1963: Gazpacho
  • 1964: Ela Marita
  • 1965: Night Appeal
  • 1966: 中止
  • 1967: Royal Saint
  • 1968: Raymonda
  • 1969: Sea Lavender

1970年以降(グループ制導入後)[編集]

施行年 格付 優勝馬
1970 G3 Highest Hopes
1971 G3 Rotisserie
1972 G3 Miss Paris
1973 G3 Mysterious
1974 G3 Northern Gem
1975 G3 Carnauba
1976 G3 Rowantree
1977 G3 Durtal
1978 G3 Shapina
1979 G3 Topsy
1980 G3 Millingdale Lillie
1981 G3 Marwell
1982 G3 Slightly Dangerous
1983 G3 Goodbye Shelley
1984 G3 Mahogany
1985 G3 Top Socialite
1986 G3 Maysoon
1987 G3 Littlefield
1988 G3 Bluebook
1989 G3 Pass the Peace
1990 G3 Salsabil
1991 G3 Shadayid
1992 G3 Musicale
1993 G3 Sueboog
1994 G3 Bulaxie
1995 G3 Aqaarid
1996 G3 Bosra Sham
1997 G3 Dance Parade
1998 G3 Daunting Lady
1999 G3 Wince
2000 G3 Iftiraas
2001 G3 Rolly Polly
2002 G3 Queen's Logic
2003 G3 Tante Rose
2004 G3 Majestic Desert
2005 G3 Penkenna Princess
2006 G3 Nasheej
2007 G3 Majestic Roi
2008 G3 Muthabara
2009 G3 Lahaleeb
2010 G3 Puff
2011 G3 Rimth
2012 G3 Moonstone Magic
2013 G3 Maureen
2014 G3 J Wonder
2015[10] G3 Redstart
2016[11] G3 Marenko
2017[12] G3 Dabyah
2018[13] G3 Dan's Dream

脚注[編集]

参考文献・出典[編集]

基礎情報[編集]

各回結果[編集]

注釈・出典[編集]

  1. ^ a b 2014 International Cataloguing Standards Book Great Britain2014年12月19日閲覧。
  2. ^ a b c d e f [1]2014年4月27日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l FRIXO Fred Darling Stakes2014年4月27日閲覧。
  4. ^ グラスゴーヘラルド紙 1940年4月9日付2014年4月27日閲覧。
  5. ^ グラスゴーヘラルド紙 1940年4月13日付 Silverlace II may win fillie's event2014年4月27日閲覧。“the newly instituted classic trial for fillies,the One Thousand Guineas Trial Plate.”
  6. ^ a b c d e Galopp-Sieger Fred Darling Stakes (ex 'Lambourn Stakes')2014年4月27日閲覧
  7. ^ プレート競走とステークス競走は賞金の仕組みが異なっている。
  8. ^ グラスゴー・ヘラルド紙 1954年4月10日付2014年4月27日閲覧。
  9. ^ グラスゴー・ヘラルド紙 1955年4月2日付2014年4月27日閲覧。
  10. ^ 2015年レース結果 - racingpost  2015年4月20日閲覧
  11. ^ 2016年レース結果 - racingpost  2016年4月19日閲覧
  12. ^ 2017年レース結果 - racingpost  2017年4月23日閲覧
  13. ^ 2018年結果 - racingpost  2018年4月22日閲覧
  14. ^ 一部回次欠落部については英語版による。1955-56年の競走名についてはグラスゴー・ヘラルド紙にしたがった。

関連項目[編集]